当ブログノ文章及ビ画像ノ転載ヤ持チ帰リヲ禁ズ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
前のめり淑やか(後編)
003.jpg
そんなこんなで、やって来ました新たな家族。
002.jpg
改めて、買っちゃったんだなぁ、と。然もオーストラリアミニですよ。
今乗っているミニが、もしも乗れなくなってしまったら、
次は自分と同い年のミニ1000とか、ひとつ上のADO16とかのバンとかもいいなー
なんて思っていた筈なのにね。

004.jpg
まぁ、もし仮に動かすとしても、ずっと先なのだろうな。
ひとまず、ものだけは手元にあれば。ガレージ占拠してしまうので、
此れからは雨天でも今乗っているミニはしまえなくなるけど…

006.jpg
しまう前に、一寸中を見てみましょうか。 バカン(ボンネットを開けるとこんな音w)

005.jpg
クローズアーップ。
察しのいい方なら、此のクーパーでもない唯のサルーンミニが少々おかしいことに気付くかも…
購入の際に、店頭で車両をチェックしたとき、ボンネット内も勿論見たけど…
Fさん(一緒に車両運搬してくれた知人)がぼそっと云う迄、私は気付かなかった。

此のミニ、まさかのハイドロだった…

010.jpg
ふーん、ハイドロぉー…え?ハイドロ??(って二度見した、笑)
画像の真中のホース、此れがハイドロという動かぬ証拠…
幸い、車高が落ちていなかった辺り、未だ生きている様子。
然し、ハイドロもぼちぼちパーツがないらしいし…最悪つくるかラバコンに換装か、かな。

011.jpg
車内。ドアポケット辺りとか、英国サルーンミニと微妙に違う…
此のステアリングもはじめて見た。コラムカバーやウィンカーレバーも違う。

012.jpg

013.jpg
噂では、此のテールレンズの形状も、微妙に違うらしいのですが、
私には、其の差が解りませんでした。

014.jpg
リアのナンバープレートステーの形状が違いますね。
あと、此のバッヂの付き方。果たして此れは仕様なのか、前オーナーの好みなのか…

015.jpg
興味深そうに覗き込むFさん。いつもありがとうね!

017.jpg
ドアハンドルが埋め込み型。此れは一体、どんな経緯でこうなったのだろう…
あるもの合わせで付けちゃった、みたいなノリなのだろうか…

018.jpg
でも、中のオープナーもこんな。何となく70年代(どの辺が?とか云わないで)

019.jpg
私が買った理由のひとつが此れ。三角窓が欲しかったから。
然し、ドアのキャッチ部分の構造が違うので、Mk-気任睥用は加工が必要。

020.jpg
メーター周辺も、少しづつ違う。ヒーターも違うものでした。

022.jpg
そしてそして。
顔も身体もMk-(厳密に云えばモーリスミニクーパー)なのに
付いていたボンネットバッヂはオースチンミニMk-兇世辰燭(笑)

023.jpg
いやー面白い。謎だらけ。謎というか小ネタというか。
此れから少しづつ、オーストラリアのミニについて調べようと思います。

024.jpg
其れにしても…何故か此のミニ、すごく重たかった。
男性ふたりでも、可也きつかったみたい…
あ、私も手伝ったんですよ、手伝っていたんですが

026.jpg
ドア支えていたのに気付かずに、主人に思い切りドア閉められて指挟んだ…

027.jpg
そんな負傷も含めて、此れからいろいろと波乱ありそうな予感…
宜しくね、弐号♪

旧いものとか comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>