当ブログノ文章及ビ画像ノ転載ヤ持チ帰リヲ禁ズ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
不意の落雷
katsumimokkoh006-l-1.jpg
ついさっき、落雷に打たれました。
とあるサイトがきっかけで知った、ある写真愛好家の方の写真に。
写真家と云ってしまっていいのか解らないから、愛好家としたけど、
なんというか、もうね。写真家と云ってもいいような。
あんな実直な写真をみてしまうと、
大儀もなく、唯道具として使っている程度の私としては、
大変気恥ずかしく、申し訳なくなってしまうのです。
特に露出に自信がなく、ある一件がずっと引っ掛っている私としては、本当にもう。

所有しているカメラを、道具としてちゃんと使えるようになりたい。
唯それだけだったりしますが、あんな写真をみてしまうと、
何だか私も、もっと上手になりたいな、などと、欲が出てくるというものです。

けれど、写真というのは、知識や技術だけでは太刀打出来ない、
潜在的な、内包する何かがあるように思う。
きれいな写真ならば、きっと誰だって撮れる気がする。
その写真愛好家の方の、レンズ越しの被写体との関係性に関心があります。
縁があって、会えたら素晴らしいだろうな。

追記。
その後、プロフィールに気付いて一読したのですが…
どうやら、静岡出身の方のようです(現在は他県にいらっしゃるのですが)。
縁があって、会えたなら…なんて書いたけど、とんでもない!
何か急に萎縮してしまっています。無理無理(^-^;)小心者めが。
olympus pen-f comments(2) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








会って話したら、意気投合とかね。
from. mini13i | 2011/07/01 19:57 |
mini1.3iさん
寧ろそれが萎縮する要因だったりします…。
from. 木下 | 2011/07/01 23:52 |
<< NEW | TOP | OLD>>